おみごとキャプテンが考えるお金と人生の話

Stories about Money and Life by CAPTAIN AWESOME in Tokyo, Japan.
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな相場ですが、年利40%を維持中

Brexitと騒がれていましたが、インデックス指数で見れば株価への影響は一時的だったようですね。

201606末時点での資産締めでは、インデックス資産はぐっと減ってしまっていましたが、現時点ではそこそこ元に戻したようです。

ラッキーだったのは、ボーナスでのスポット投資を実施した際に、基準価格が安かったこと!!!

お得でした。


最近はサテライト部門の暗号通過がとても好調です。

暗号通貨だけで見れば年利180%を維持していて、その恩恵を受けて運用資産全体では年利40%です。


とはいえ、暗号通貨界隈は動きが激しすぎるので、投入するなら余剰資金でやるべきです。本当。

先日の記事のthe daoについても、まさかのハッキングを受けてthedaoに集まった資金150億円のうち、50億円くらい流出しました(正確にはまだ流出はしていませんが、サイバー戦争中です。。)

これを受けて私も損切りをしましたが、他の暗号通貨の上昇分で救われました。

ビットコイン自体の時価総額は現在1兆円程度ですが、今後どこまで膨らむのでしょうか。

ソーシャルネットワークで有名なウィンクルボス兄弟が、ビットコインETFを間も無く上場するニュースもありますが、その際には機関投資家などのマネーも入ってくる可能性があります。

個人的には、投資対象としてのビットコインよりも、人々のライフスタイルをどのように与えるか?という観点でさらに発展して欲しいと思っています。

自国の通貨が信用できない、エマージェンシーマーケットでビットコインのような暗号通貨が通貨インフラとして定着すれば、経済効果は大きなものになると思います。
でもビットコインの価格が安定しないと通貨インフラには適していない・・ビットコインは誰にも管理されていないので、ある意味なすがままの相場になってしまう。

これを踏まえると、ビットコインで価値貯蔵をするのではなく、価値交換の媒体としてビットコインを使うくらいに落ち着くんでしょうか。(このユースケースだとビットコインよりもxrpなどが向いているか)

技術もユースケースもまさに発展中で、法律も追いついていない。
暗号通貨に手を出す場合には、大きなリスクを引き受けることをご認識ください。

スポンサーサイト

the DAOの仕組み

(自分への備忘録)

以前から暗号通貨関連の記事を少し書いていましたが、最近は英語の勉強を兼ねてちらほら情報収集をしています。

最近、この界隈でホットなDAOについて少し調べてみましたので、自分への備忘録として記録しておきます。

提案から投票までの流れを少し眺めてみました。

※splitあたりは面倒だったのでまだ読んでないです・・

DECENTRALIZED AUTONOMOUS ORGANIZATION TO AUTOMATE GOVERNANCE
FINAL DRAFT - UNDER REVIEW
http://download.slock.it/public/DAO/Proposal1.pdf

-----
◆提案する際に指定すること[newProposal]
 ・提案が可決された場合にWeiを受け取るアドレス(recipient )とWeiの総量(amount)
 ・提案についての記述(description)、提案されたトランザクションのデータ(transactionData)
 ・議論の期間。通常提案は最低2週間が必要。新しいキュレータの提案は最低1週間。(debatingPeriod)
 ・新しいキュレーターに関する提案かどうか。(newCurator)
  ⇨議論の期間のチェックをするために使われるフラグか?
 ・spam防止のため、提案時にデポジットを預ける必要あり。
※ちなみにThis is defined as 1 Wei = 10−18 Ether

◆投票する際に指定すること[vote]
 ・提案のID(proposalID)
 ・提案に対してYES or No(supportsProposal)
※booleanなので、yes or no 。

◆開票する[executeProposal]
投票期限を過ぎていて、投票率が定足数を満たしていて、提案が過半数の賛成があれば、提案が実行される。
投票率が定足数を満たしていない、または過半数の賛成がない場合には、提案がクローズされる。
※この開票する機能は誰でも実行できる。
--------

slock.itがnewProposal時に必要なamountを指定する。
投票で可決された場合には、各自のdao保有比率に応じてslock.itへの出資がされる。って感じになるのかなと現時点では妄想しています。

8ヵ月ぶりの更新ですが投資は相変わらず

八ヵ月ぶりの更新です。

仕事、プライベートの優先度が高くなり、ブログ更新頻度が一気に落ちました。

投資の方は自動でインデックス積み立てを愚直に実行。手作業をするのは、毎月アセット比率をモニタリングして理想比率との乖離がないかチェックする作業と、ボーナスでリバランスを行う作業。

この辺りはどんなに忙しくてもきっちりやっています。仕組み化してるので全く手間ではありません。

あとはサテライトで保有していた仮想通貨が暴騰しています。

保有しているのは、BITCOIN / RIPPLE / ETHEREUM / FACTOM /GEMZです。

ここ半年で+100万円ほどに上がったので、株安による資産下落影響を緩和するのに役立ちました。

昨年末からフィンテックも流行っていますし、今年もまだまだ注目を集めそうです。




全面改訂 ほったらかし投資術を読んで



山崎元氏、水瀬氏による「全面改訂 ほったらかし投資術」を読みました。

山崎さんの本は「学校では教えてくれないお金の授業」がお気に入りです。

お金に対する心構えから実践的な運用術までを、歯に衣着せぬ文体で書き上げていて、その言い回しが私のツボにはまっています。

水瀬さんは梅屋敷商店街のランダムウォーカーのブログ主です。個人インデックス投資家で知らない人はいないんじゃ?というほどの有名ブログかなと。

今回の本は改訂版ということで、内容は大幅に書き換わってるみたいです。

前回を読んでないので内容の改善具合はわかりませんが、本の中で二人の著者の主張がところどころ異なっている点が非常に面白い。

どちらが正解というわけではなく、両方とも納得感のある論理で持論を述べている。気に入った方を採用すればいい。

本書全体を通して、インデックス投資は「多くの一般の人にとって無難な投資方法」というメッセージが伝わって来ます。

「無難」「だいたいこれでいい」

初心者にとっては不安になるような言葉ですが、私にとってはニヤニヤしながら、「そうそう」と楽しめるものでした。

内容的に一番気に入った箇所は、本書後半の「インデックス投資を続けるためには」「売りを我慢するテクニック」あたりです。

投資はしたいけどそれに思い悩みたくない、お金のことはほどほどに考えて人生を楽しみたい。

そんな人にインデックス投資はおすすめです。







不動産投資について調べ中

最近不動産投資について調べています。

身近な人が昔から不動産投資をしていて、またその投資がうまくいっているという話を聞いていたこともあり、以前から興味を持っていました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。