おみごとキャプテンが考えるお金と人生の話

Stories about Money and Life by CAPTAIN AWESOME in Tokyo, Japan.
MENU

全面改訂 ほったらかし投資術を読んで



山崎元氏、水瀬氏による「全面改訂 ほったらかし投資術」を読みました。

山崎さんの本は「学校では教えてくれないお金の授業」がお気に入りです。

お金に対する心構えから実践的な運用術までを、歯に衣着せぬ文体で書き上げていて、その言い回しが私のツボにはまっています。

水瀬さんは梅屋敷商店街のランダムウォーカーのブログ主です。個人インデックス投資家で知らない人はいないんじゃ?というほどの有名ブログかなと。

今回の本は改訂版ということで、内容は大幅に書き換わってるみたいです。

前回を読んでないので内容の改善具合はわかりませんが、本の中で二人の著者の主張がところどころ異なっている点が非常に面白い。

どちらが正解というわけではなく、両方とも納得感のある論理で持論を述べている。気に入った方を採用すればいい。

本書全体を通して、インデックス投資は「多くの一般の人にとって無難な投資方法」というメッセージが伝わって来ます。

「無難」「だいたいこれでいい」

初心者にとっては不安になるような言葉ですが、私にとってはニヤニヤしながら、「そうそう」と楽しめるものでした。

内容的に一番気に入った箇所は、本書後半の「インデックス投資を続けるためには」「売りを我慢するテクニック」あたりです。

投資はしたいけどそれに思い悩みたくない、お金のことはほどほどに考えて人生を楽しみたい。

そんな人にインデックス投資はおすすめです。







[書評]飲めて殖やせる究極のワイン投資を読んで




内藤忍さんの飲めて殖やせる究極のワイン投資を読みました。

想定読者は資産運用に興味を持っていて、ワインが好きな人とのことなのですが、当てはまる人は読んでみるとおもしろいと思います。
(ワイン投資をするしないは人それぞれの判断ですが知っておくだけでも)

僕は君たちに武器を配りたい、を読んで



僕は君たちに武器を配りたい(瀧本 哲史著)を読みました。

資本主義社会の本質とは何か?という問いに答えることで、これからの社会で生きていく(成功する)為に必要な要素を述べていて、とても興味深い内容です。コモディティ化した人材になるな、スペシャリティを目指せ!というメッセージです。

以下、概要です。(箇条書きで読みにくい部分もありますがご容赦ください)

LESS IS MOREを読んで



LESS IS MORE(本田直之著)を読みました。ということで要点をメモメモ。

一生懸命働いて稼いだお金をどんどん使う時代はあまり細かいことは考えなくてよかったかもしれなく、広告やCM、マーケティングによって、必要以上のものをかわされることがイコール幸せだと信じられていました。
物質至上主義とは、言い換えるならば、車や家をはじめものや場所など様々な制約に縛られて生きること、そうした制約から解放されて自由に生きる秘訣が「LESS IS MORE」です。

私の財産告白



なかなか出会うのは難しいと思いますが、人生の中でこれはバイブルであると思う本はありますか?

私が今まで読んできた本の中でも、まぎれもなくバイブルであると言うことができる本があります。初めて読んだ時、一読しただけでは物足りず、時間もたたないうちに二度読み返しました。

それは「私の財産告白」という本多静六翁(あえて翁)が執筆した本です。

本多静六翁は慶応2年7月2日(1866年8月11日)生まれで没昭和27(1952年)1月29日の「林学博士」兼「億万長者」です。(晩年に大半の財産を匿名で寄付したそう)この本は昭和25年に出版されたものですが、現在を生きる私が読んでみても深い感銘を受けます。

どうやって本多静六翁が貧困を極めた幼少時代から大学一教授の身で莫大ともいえる財をなしたか、そしてそれをどうやって使ったか、全ての生活の秘訣は勤倹貯蓄である、という話を自らの言葉で綴っています。
有名な書籍「となりの億万長者」が倹約の重要性をアメリカの富裕層のデータで説明しているとするならば、この本はそういった富裕層に属する一人の徹底された倹約の考え方が述べられているといえます。

本の後半では「私の体験社会学」ということで、本多静六翁の処世術が記されています。特に本多静六翁の人生の幸福に対する哲学は一読の価値があります。

月一万円の生活をする人が二万円の生活にこぎつけても幸福は二倍にならぬし、十万円の財産に達しても、ただそれだけではなんらの幸福倍化にはならない。人生の幸福というものは現在の生活自体より、むしろ、その生活の動きの方向が上り坂か下り坂か、上向きつつあるか下向きつつあるかによって決定されるものである。


人生の最大幸福は職業の道楽化。職業を道楽化する方法はただ一つ、勉強に存する。



明治、大正、昭和を生きた本多静六翁。

60年前に翁が残した言は当たり前のことばかりですが、それ故に衝撃的であります。おすすめです。



このカテゴリーに該当する記事はありません。