おみごとキャプテンが考えるお金と人生の話

Stories about Money and Life by CAPTAIN AWESOME in Tokyo, Japan.
MENU

活きたお金の使い方を身につける

日々の暮らしを節制して、支出を減らしてお金を貯める。
そして、積もり積もった残高を見てニヤリと笑い、なんとも言えない達成感を味わう。

資産運用をしている人の多くはこのような感情を味わったことがあるのではないでしょうか?
では貯めた残高にはどのような意味があるのでしょうか?ちょっと考えてみよう。

所有している「モノ」、欲しい「モノ」

我が家はとてもシンプルで、遊びにきた友人は「生活感がない!」と口を揃えて言います。というのも収納スペースがかなり広く、外に見えないようにしまっているからこそ、部屋がすっきりしてみえるのですがね。

先日のwaterboyさんの記事に便乗して、自分が所有しているお気に入りのモノをまとめてみました。一言コメントもつけています。

※ゆる記事です。

AL○○Nの靴
 かっこいい。たまに靴を磨きながらにやにやしています。
鎌倉○○ツのワイシャツ
 5000円という安さでコスパがよいところが好き。ワイシャツはもっぱ
 らここで買っています。
G○Pのズボン
 ここ数年こればっかり買い替えています。
バッグ(仕事用1つ、プライベート用2つ)
 これも長く愛用しています。
財布
 海外旅行先で購入し、3年ほど愛用しています。まだまだ使える。
Jins!PCの眼鏡
 ブルーライトでも疲れないというレンズです。効果のほどは定かでは
 ありませんが、気に入ってます。
結婚指輪
 アクセサリー(?)はこれだけ。デザインもシンプルで気に入ってい
 ます。値段も高かったし。。
ニューバランスのスニーカー
 スニーカーはやはりこれが一番。私は996を履いていますが、他の
 モデルよりもクッション性が高く気に入っています。
アイランドスリッパーのビーチサンダル
 夏の定番ビーチサンダル。革製でヌメッとした質感がよいです。
LAMYの万年筆
 ポップなデザインでお気に入りです。
本、CD
 気になった本はすぐに買っていて処分してなかったのでかなりたま
 っていました。なので先日ブックオフで60册ほど処分しましたが
 数千円くらいにはなりました。新しく人気のある本はオークション
 で出品しようと思っています。
冷蔵庫
 ダークオーク調の落ち着いている色でとても気に入っています。
 今はおしゃれな冷蔵庫がありますね。
食器洗い機
 これは買ってよかった家具No.1です。共働き夫婦には最強の見方
 です。
MAC BOOK AIR /iPhone
 Apple製品はやっぱり好きです。
無線LANシステム
 この記事で紹介した構成です。PCとテレビを連動させたいと考えて
 います。
RIMOWAのスーツケース
 TOPASを使っています。いろいろな場所に旅をしていて、いい感じの
 傷がより愛着を感じさせます。

今後欲しいものはワイシャツ、ベルト、スーツはそのうち買いたいなと思っておりますが、それ以外は今のところ特にありません。結婚前はファッションにお金をかけていましたが、現在は仕事で着る洋服を買うくらいで、私服はほとんど買いません。

一方で昔はそれほど気にしていなかったモノが欲しくなっています。それは、体力、筋肉といった自分の健康に関するモノ(とうかスペック)です。(知力は置いときます)
いろいろと好きなものをリストアップしてみましたが、自分は現在身の回りにあるモノには満足していて、今一番欲しいものは「健康」ということを確認するゆるい記事になりました。笑
体力、筋力は、お金がなくても時間と忍耐力を費やせば身につける事ができます。年末までの2ヵ月間はこっちの方に注力しようと思います。

高額所得者=資産家ではない事実にいつ気がつくか

本日は、所得と資産について。

テレビや雑誌等では著名人の豪華な暮らしが特集を組まれて報道されることがあります。
年商XX億円の社長の暮らし!というテーマでとある社長自宅を訪問すると、億単位の不動産に住み、高級外車を何台も所有し、高級腕時計コレクションをお披露目してたりします。そしてスタジオのパネラー達が「すごい!うらやましい!」とはやし立てる事で視聴者もそう思ってしまいます。
豪華社長の例は行き過ぎた例ではありますが、資産家はお金を使い高級なモノを所有するという認識を、一般庶民の人は持つようになります。

そして、視聴者はその派手な暮らしに多少なりともあこがれを感じます。場合によっては自分の少ない収入でも高級外車を所有してみたり、高級時計を購入して、ステータスという目に見えない錯覚を味わいます。次は何を買おうかな?なんて発言した日には奥さんとの修羅場が待っているはずです。
奥さんが「次はあれかしらね?」と返事をしたらかなり危険です。

年収1000万円以上を稼ぐ世帯でも貯蓄が数百万円程度しかないといったケースが、雑誌のお宅の家計簿特集(?)などでよく取りあげられています。私もついつい見てしまいますが、一般市民は、他の家庭の財布事情が気になるという習性をうまく捉えている特集ですよね。そんな家計簿を見てみると、この世帯は冒頭で記載したようなプチリッチな生活を送っていてお金が貯まっていないという実像が浮き彫りになるのが通例です。外食費が高い、衣服代が高い、教育費が高いといったところです。

このような年収は1000万円以上だけれども、相応に支出が大きい家庭については、病気/リストラ等で一度収入が減ってしまうと、とたんに家計が破滅への道へ向かう事になります。または、家計は自転車操業ながらも子供を育て終わり定年近くまでたどり着いたとします、しかし次にそこで待つのは老後への計り知れない不安感だと容易に予想できます。

一方で年収が数百万円の世帯でも、支出をしっかりとコントロールをして、貯蓄に励む家庭も存在します。というか、収入があまり高くない家庭ほど、貯蓄体質を身につけないと将来の不確実性に対する耐性が全くない状態になってしまいます。しかしながら、未来はやはり未来の話であるため、一念発起をしないと対策が先送りになってしまい、気づいたときには時遅し。。ということにもなりかねません。

貯蓄の重要性を説明する為にネガティブ事例を出しましたが、貯蓄とは消費の先送りと言う事ができます。お金をいつ/何に使うか、ご自分が納得するまで一度考える事をおすすめします。
一般庶民の感覚ですと「資産=貯蓄×年数」となるので、早く気づけば気づくほど資産形成に有利な立場になります。

そして私自身も「高額所得者=資産家、ではない事実」に気づいてから生活態度を見直しています。目下、家計の体質改善を実行中です。

私にもやってきたナイジェリア詐欺

====
Hi Seller, I'm Mrs **********, I'm interested buying your item for my Son, How many pieces you have? i will offer you $2,000 US Dollars including the shipping cost to my Son in Nigeria by FedEx Express, e-mail me (*************@gmail.com) Thank You.
====

mac book airを出品している際にナイジェリア詐欺メールが3通もやってきました。

ナイジェリア詐欺とはこうです。
「あなたの商品に興味があって、外国に住む息子にプレゼントしたいんだ。***円出すつもりだよ。個別にemailを送ってくれ」と、メールが届きます。(主に先進国の人に届くとのこと)
そして、個別に連絡をとると、一見正式な金融機関からの振り込み完了連絡と「お金を払ったから送付してくれ」という流れで商品の送付を要求してきます。実際には、その金融機関は架空であって決済も何もされていなかったり、クレジットカードで支払い後をそれを強制的にキャンセルしたりするようです。そして商品だけだまし取る訳です。
(ナイジェリア税関は不法地帯で、悪い従業員が詐欺で取得した商品を不正に受け取る、なんてウワサもあります)

ちなみに冒頭の引用文は、実際に私宛に届いたオークションの質問です。名前/emailアドレスは自主規制しています。mac book airに2000$出すといっている時点で明らかに詐欺のにおいがしてますよね。appleのサイトから新品買った方が安いっていうの!笑
コピペで手当たり次第にやってるとことが伺えます。

数年前からこういった詐欺って続いているけどなくならないです。ひっかかる人がきっといるんだろう…

皆様くれぐれも気をつけてください。

1000円の収入増と1000円の節約、どっちが得か?

1000円の収入増と1000円の節約、どっちが得か?

答えは1000円の節約です。ポイントは1000円を獲得する際に発生する費用と税金。

情報化が進んだ現代社会ではその気になれば収入を得る方法は様々あります。(一般論ですが 笑)
収入を得る方法としては、本業はもちろんですが、ネットオークション/アフィリエイトなどの副業、投資、投機、とすぐにできるものからある程度の資金が必要な物まで幅広くあります。

ここで少し考えてみると、1000円の収入を得た場合には、一般的には、自分の労働時間、手数料等の諸経費、収益に対する税金/社会保険料がコストとしてかかっていることになります。

一方で1000円の節約をすることは、それは既に税引き後の可処分所得であるため、1000円のそのままの価値が節約される事になります。(消費する際に税金を支払いますが)

つまり、1000円節約することは、1000円多く稼ぐことに比べて、お金を貯める上では効率的であると言う事ができます。そう考えると、1000円の消費しても、1000円多く稼げばいいや、と簡単に考えてちょっとした無駄遣いをするのも思いとどまった方がいいですね。

ただし、これは一般的なサラリーマンの一例で、自分でビジネスをしている事業主は少し考え方(というか課税の仕組み)が異なります。ビジネスオーナーなどは1000円の支出が経費として計上できるケースがあるので、「売上ー費用」に対して税金がかかります。つまり、使って残った後の金額に税金がかかる、というわけです。

ということで、一般的なサラリーマンにとっては、経済的には1000円節約した方が、1000円収入を増やすより得ということになります。

しかし、やっぱりそれ以上に大事なのは、1000円の自己投資(支出)をして、1000円以上を自分で稼ぐ、ということだと思います。(お決まりのオチですいませんが)
なぜなら節約の上限=収入となります。収入が1万円の人は1万円しか節約できません。しかし、収入の上限はある意味で限りはありません。

このカテゴリーに該当する記事はありません。