おみごとキャプテンが考えるお金と人生の話

Stories about Money and Life by CAPTAIN AWESOME in Tokyo, Japan.
MENU

釣り糸をたらして待つ株式投資

今日は投資方法についての雑記です。

私は毎月インデックス商品を積み立ててで購入していますが、毎月の拠出金額をフルマウントで株式購入に割り当てているわけではありません。残りの投資準備金は、株式市場全体が暴落した場合の購入原資と、個別株式が下がった場合の購入原資に色分けをしています。
これは毎月買い付けることで一定のお金を市場に置き続け、割安と考えられる時が来た場合にも着実にお金を市場に置くことを目的としています。

積立投資額を変動させる手法について私が実践していること

先日のWATANKOさんの記事損益状況にあわせて積み立て投資額を変動させることはよろしいのではないでしょうか」が非常に興味深かったので取り上げさせて頂きます。

世の中に出回っている投資本には一定金額を積立投資することを推奨する内容のものが多いですが、個人投資家の中には積立投資はするものの、あるロジックに従い掛け金をコントロールしている方がいらっしゃいます。

WATANKOさんは、生活防衛金の確保額、不動産運用をしているという制約条件をふまえ、絶対リターンよりも投資効率に重点を置いています。その結果、購入物件に評価益がでている場合には、追加購入はしないと判断していらっしゃるようです。(詳細はWATANKOさんの記事をご覧ください)

また、どの記事が発端になったかは不明ですが、最近の記事で以下のKAPOKさん、吊ら男さんの記事では、日経平均/ダウ平均を対象として変則型ドルコスト法のバックテストの結果がまとめらています。過去データを利用して具体的数値を公表する、とても勉強になるすばらしいブログだと思います。

KAPOKさん
「変則型ドル・コスト平均法」の利用について

吊ら男さん
「含み損=積立額多め」「含み益=積立額少なめ」のシミュレーション (日経平均&ダウ平均)

数字、グラフでみるとやっぱりわかりやすいですね!

「一定金額を買い付けるドルコストvs含み損では金額多め/含み益では金額少なめの変則ドルコスト」がテーマですが結論をざっくりと書いてしまいますと、

ボックス相場を形成した対象(日経平均)については、両手法の投資元本に大きな差分はなく、含み損時に多く買い付ける変則型の圧勝です。

長期的には上昇相場を形成した対象(ダウ平均)については、変則型は投資効率はいいものの投資元本が少なくなり、利益額では通常のドルコストが遥かに優れた結果を残しています。

当然ではありますが、どのような相場を形成したか、ということで両手法の優劣が決まりましたね。

それでは私自身はどうしているか?

私はある程度の生活防衛金を確保していて、資産運用は株式/債券が主であります。最近は毎週ブログを更新しようという密かな目標を立てているので、資産運用について考えることが多いですが、毎月の投資は一定金額での買い付けをしています。しかしそれだけではやはり安いときにも指を加えて待っているだけになるため、株価暴落寺に買い付けをするための資金を別で準備しています。分散投資を始めて以来、ITバブル、リーマンショックなどの危機を体験していないためまだ実績はありませんが、日経平均/ダウ平均の過去安値、VIX指数をネタにして買い付け判断をするルールにしています。

未来の株価は予測不可能なため、必ずこれ!という方法がないところが悩ましくありますが面白いですねぇ。

積立投資はいつから始める?

「株価が高くなってしまったなぁ、今からじゃ積立投資は遅いんじゃないか?」

「やっぱり下がったタイミングから積立投資をしなければ利益がでないんじゃないか?』

と一昔前のこーえんは疑問を持ちましたが、それはすぐに解消されました。

具体例をもとに話していきましょう。

積立金額は1年間に1万円とします。

①積立開始時から価格が下落し、積立期間終了時が元に戻った場合

以下のようなチャートになった場合ですね。

積立投資001

縦軸は株価(単位:円)、横軸が積立年数です。

積立期間は5年、毎年1万円を積立て株式購入します。

このケースでは、積立期間終了時に、投資元本5万円に対して約1.6万円の利益が発生します。

買い始めた値段よりも下がってようやくもどった、というケースでも実はこれだけの利益がでます。


②積立開始時から価格が上昇したが、積立終了時に元にもどった場合

以下のようなチャートになった場合ですね。

積立投資002

積立期間は5年、毎年1万円を積立て株式購入します。

このケースでは、積立期間終了時に、投資元本5万円に対して約1.6万円の損失が発生します。

安い価格で始めることができた!としても、元に戻ってしまったら結局は損してしまいます。

それではどうしたらよいか?

②で終わらず、積立を続けたとしましょう。


③②の後、価格が上昇した場合

以下のようなチャートになった場合ですね。

積立投資003

積立期間は7年、毎年1万円を積立て株式購入します。

このケースでは、積立期間終了時に、投資元本7万円に対して3万円の利益が発生します。

①と比較しますと、積立期間が長い③の方が利益額も大きくなっています。

以上、単純なケーススタディを考えてみましたが、上記の例からわかることがいくつかあります。
(今回のスタディでは配当金を考慮していません。キャピタルゲイン(売却損益)に焦点をあててます)

•積立運用では積立終了時の価格が、最終的な利益を左右する

•積立期間中に価格が下落することは、最終的には利益を生む

•積立期間が長くなるほど、最終的な利益額(または損失額)が大きくなる(場合がある)


将来を見越した上で現在の価格が高値かどうかは、現時点では決してわからないことです。

積立投資をいつはじめるか?…いまでしょ!

と私は考え、地道な積立投資を実行しております。

こーえんの投資スタイル=ハイブリット型

こーえんの投資スタイルはインデックス投資とハイレバレッジ投資を組み合わせたハイブリッド投資です。

コアーサテライト戦略という呼び方もあるかと思いますが、コア部分については長期的な運用、サテライト部分については短期的な運用をしています。

そのため、ほったらかしの長期インデックス投資の資産については日々のアクションはありませんが、ハイレバレッジ投資の資産はニュース、経済指標に応じたアクションを都度とっています。

普段の仕事も忙しいことが多く時間があまり取れないため、自分なりに成功確率が高いと判断できる場合のみハイレバレッジをきかせた投資をしています。少し掘り下げてお話をします。下記「①+②」の組み合わせがこーえんの投資スタイルです。

①長期国際分散インデックス投資(コア)
国内株式、先進国株式、新興国株式の投資信託を毎月積み立てで購入しています。
個別で日本の大型株も保有していますが、基本的にはインデックス型投信で分散投資をしています。
インデックス型投信であれば基本的にはノーロード(購入手数料なし)で手数料も0.3%-0.6%程度となるため、アクティブ型投信より手数料が低いことが魅力ですね。また、アクティブ型投信のうち、インデックス型投信の運用成績を上回った物は50%、という検証結果もあることからインデックス型を選択しています。

②短中期ハイレバレッジ-アクティブ投資(サテライト)
株式の信用取引と、外国為替証拠金取引(FX)を利用しています。
最近は為替変動が大きいためFXをメインでやっています。経済指標、トレンド、情報商材、などから判断してアクティブに投資をしています。投機に近いスタイルです。

①のインデックス型で守備を固めて、②のハイレバレッジ投資で点をとりにいく、みたいなスタイルです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。