おみごとキャプテンが考えるお金と人生の話

Stories about Money and Life by CAPTAIN AWESOME in Tokyo, Japan.
MENU

2013/04末時点の運用状況

2013/04末時点の運用状況をまとめました。

20130506.png

簡単なグラフですが、資産内訳ごとに月別の推移を示すものになっています。

都合上、3月からの測定開始となっておりますが、毎月の月末時点での運用状況を

ブログにアップしたいと思います。

簡単に4月末時点の振り返りをしますと

株式は国内、先進国、新興国ともに堅調に推移をしました。

特に国内株式は銘柄によっては20%程度の上昇をしていました。

一方、金ETFについては四月に暴落した影響を受けて評価額が下落しています。

5月末の現時点でもあまり回復はしていないためしばらくこの水準で推移でしょうか。

買い増しをしたいところではあります。

大きくのびているのは外国為替証拠金取引(FX)です。

円安に便乗してハイレバレッジで取引をしてFX分の割当資金を2.26倍程度まで押し上げることができました。

全体としてはFX分の利益が寄与して、前月比で34.8%の資産増加です。

リバランスはせずに5月も引き続きの戦略で資産運用をしています。

と、ここまで書きましたがもう5月も終了しますね。

今週末には5月末寺点での資産状況をアップする予定です。

こーえんの投資スタイル=ハイブリット型

こーえんの投資スタイルはインデックス投資とハイレバレッジ投資を組み合わせたハイブリッド投資です。

コアーサテライト戦略という呼び方もあるかと思いますが、コア部分については長期的な運用、サテライト部分については短期的な運用をしています。

そのため、ほったらかしの長期インデックス投資の資産については日々のアクションはありませんが、ハイレバレッジ投資の資産はニュース、経済指標に応じたアクションを都度とっています。

普段の仕事も忙しいことが多く時間があまり取れないため、自分なりに成功確率が高いと判断できる場合のみハイレバレッジをきかせた投資をしています。少し掘り下げてお話をします。下記「①+②」の組み合わせがこーえんの投資スタイルです。

①長期国際分散インデックス投資(コア)
国内株式、先進国株式、新興国株式の投資信託を毎月積み立てで購入しています。
個別で日本の大型株も保有していますが、基本的にはインデックス型投信で分散投資をしています。
インデックス型投信であれば基本的にはノーロード(購入手数料なし)で手数料も0.3%-0.6%程度となるため、アクティブ型投信より手数料が低いことが魅力ですね。また、アクティブ型投信のうち、インデックス型投信の運用成績を上回った物は50%、という検証結果もあることからインデックス型を選択しています。

②短中期ハイレバレッジ-アクティブ投資(サテライト)
株式の信用取引と、外国為替証拠金取引(FX)を利用しています。
最近は為替変動が大きいためFXをメインでやっています。経済指標、トレンド、情報商材、などから判断してアクティブに投資をしています。投機に近いスタイルです。

①のインデックス型で守備を固めて、②のハイレバレッジ投資で点をとりにいく、みたいなスタイルです。

該当の記事は見つかりませんでした。