おみごとキャプテンが考えるお金と人生の話

Stories about Money and Life by CAPTAIN AWESOME in Tokyo, Japan.
MENU

こんな相場ですが、年利40%を維持中

Brexitと騒がれていましたが、インデックス指数で見れば株価への影響は一時的だったようですね。

201606末時点での資産締めでは、インデックス資産はぐっと減ってしまっていましたが、現時点ではそこそこ元に戻したようです。

ラッキーだったのは、ボーナスでのスポット投資を実施した際に、基準価格が安かったこと!!!

お得でした。


最近はサテライト部門の暗号通過がとても好調です。

暗号通貨だけで見れば年利180%を維持していて、その恩恵を受けて運用資産全体では年利40%です。


とはいえ、暗号通貨界隈は動きが激しすぎるので、投入するなら余剰資金でやるべきです。本当。

先日の記事のthe daoについても、まさかのハッキングを受けてthedaoに集まった資金150億円のうち、50億円くらい流出しました(正確にはまだ流出はしていませんが、サイバー戦争中です。。)

これを受けて私も損切りをしましたが、他の暗号通貨の上昇分で救われました。

ビットコイン自体の時価総額は現在1兆円程度ですが、今後どこまで膨らむのでしょうか。

ソーシャルネットワークで有名なウィンクルボス兄弟が、ビットコインETFを間も無く上場するニュースもありますが、その際には機関投資家などのマネーも入ってくる可能性があります。

個人的には、投資対象としてのビットコインよりも、人々のライフスタイルをどのように与えるか?という観点でさらに発展して欲しいと思っています。

自国の通貨が信用できない、エマージェンシーマーケットでビットコインのような暗号通貨が通貨インフラとして定着すれば、経済効果は大きなものになると思います。
でもビットコインの価格が安定しないと通貨インフラには適していない・・ビットコインは誰にも管理されていないので、ある意味なすがままの相場になってしまう。

これを踏まえると、ビットコインで価値貯蔵をするのではなく、価値交換の媒体としてビットコインを使うくらいに落ち着くんでしょうか。(このユースケースだとビットコインよりもxrpなどが向いているか)

技術もユースケースもまさに発展中で、法律も追いついていない。
暗号通貨に手を出す場合には、大きなリスクを引き受けることをご認識ください。

該当の記事は見つかりませんでした。