おみごとキャプテンが考えるお金と人生の話

Stories about Money and Life by CAPTAIN AWESOME in Tokyo, Japan.
MENU

[BUBBLES]COVALアップデートの要点と和訳

ついにCOVALアップデートが来ましたね。ポイントをまとめてみましょう。

・スワップ期間は3月3日〜3月17日、その一週間後にCP配布、取引開始は3月下旬予定。
・BITTREXにCOVALを置きっぱなしの人はボーナス配布含めてCP移行は自動実行される。
・レガシーウォレットを使っている人は個別にスワップツールを使用してリクエストを提出する必要がある。仕組みは和訳に記載してます。
・スワップ時にLOYYALネットワークで、アドレス払い出し、スマコンでのスワップリクエスト検証を実施する。つまりいよいよLOYYALネットワークとも同期を取り始める。
・取引停止前の売買注文がキャンセルされるかそのままになるかはまだ決まっていない。
・取引再開までにCOVALを買いたい人はSLACKで個別連絡をすれば購入できるかも。その資金は今後の開発に当てられる。
・取引停止の原因は以下の通りだが、既存のRBRベースのチェーンは壊れて使い物にならない状態。つまりCP移行しないと死亡。

以下は和訳です。(GOOGLE翻訳をベースに、意味をなしていない部分は校正してます)

<<Ledger
従来のコインを破棄してCPへ移行することを決定した背景にはいくつかの理由がありました。まず、コインに発生した欠陥がその理由の一つです。また、ビットコインブロックチェーンが持つ分散されたセキュリティと堅牢性のメリットがあります。
長寿命に対する私たちの信念でした。カウンターパーティーは、ビットコインでトークンを作成するためのプロトコルです。

<<Swap Economics
プレマイン(300milion)は25%削減されます。さらに、スワップが完了した時点で、各残高には追加の15%のボーナスが配布されます。この追加ボーナス15%はプレマインから拠出されます。

<<Retrospective: Exchange, Fork, Network outage
Bittrexでは数ヶ月間取引ができなくなっています。これには3つの理由がありました。
・アップグレードされたシードノードがCOVALのblumix環境に構築されたが、新しいノードの通信が誤っており、BITTREXのノードを含むマイナーに取り込まれることができなかった。
・デーモン、エクスプローラ、ウォレットをサービス提供しているIBM Bluemixアカウントが誤って中断された。アカウント停止は4時間以内に解決されたが、システムがオンラインに復旧せず、アプリをリリースできない状況になっていた。IBMからのサポートを受けながら普及していたが、復旧に数週間の期間を費やした。
・システム停止時に、RBRベースのCOVALチェーン(sha256)に攻撃しました。非常に高いハッシュレートで難易度を上げながらマイニングしかけて、その結果、sha256マイニングはCOVALチェーンでは機能しなくなりました。
・上記の影響で、Bittrexは10kブロックの規模でチェーンの再編成を経験しました。この再編成がBittrexからの攻撃のような形になり、システム内で約900kのCOVALの相違が生じました。

<<Bittrex Swap
この記事の執筆時点で、Bittrexは取引所アカウントへのスワップを処理することが決まっています。ユーザーはこのBittrexのスワップを行うために何もする必要はありません。BittrexのすべてのCOVALアカウントは、15%スワップが完了するまで取引は無効のままです。取引所に出ている売買注文はクリアされてもされなくてもよいが、まだ決まっていません。

<<Timeline
スワップテストフェーズ:2週間(2月17日〜3月3日)
実際のスワップフェーズ:2週間(3月3日〜3月17日)
預金:スワップフェーズ終了後1週間(3月17日〜3月24日)
Bittrex市場の再開:スワップデポジット後3〜5日

<<COVAL販売
スワップに先立って従来COVALを購入することは、多くの人々によって関心が高まっています。私とマイケル・サリバンはアルト・コインの投機に参加していないので、為替市場を通じて利益を得ることは決して聞こえません。私たちの焦点は、プラットフォームとトークンにユーティリティを提供することです。それは、私たちはどちらもこのプロジェクトに私たちの時間をボランティアしていると言われています。私たちが調査している償還オプションの中には、金銭預金を必要とするものもあります。スワップ前にCOVALを購入することに関心がある場合は、スラックに直接お問い合わせください。

<<Swap IN Depth
スワップツールはgithub上でサービス提供されています。
現在のテストに使用されているのは2016年12月22日のスナップショットで、その日付以降に変更された残高は反映されていません。あくまでも試験であり、これはある時点でチェーンのスナップを取得する方法を示しているだけ。スワップリクエストはいくつかのステップを実行する必要があります。

・クライアント側(ブラウザ内)
スワップツールは、新しいCOVALウォレットにログインしているかどうかをチェックします。
ユーザーはHDキーを使用すると、アドレスが導出され、これが新しいCOVALの受領アドレスとなります。
同時に、このアドレス/キーを使用すると、Loyyalアドレスが生成され、Loyyal側ネットワークのトークンの受領アドレスとなります。
COVLALウォレットキーでスナップショットからあなたの残高を抽出すると、メッセージを生成して署名されていきます。[covaladdress] [lastevent] [test] [balance]
最終的な全体のメッセージの署名はHDキーで実施されます。
以前に作成された文字列は、現在のキーによって署名され、COVALサーバに送信されます。

・サーバーサイド(当社のサーバー上)
これらの要求を公正かつ誤りのないものにすることには非常に注意が払われています。私たちのサーバーアプリケーションは、リクエストで送信されたもの、つまりあなたの署名だけを信頼します。
署名を検証するには、検証するためにいくつかの部分が必要です。
*署名するメッセージ、*署名、*署名者の住所
サーバー上では、署名されるメッセージは、クライアント側のスワップツールで使用されているのと同じスナップショットを使用して生成されます。
サーバーは、スワップ要求によって提供される残高が、サーバーが残高を決定するものと一致することを検証します
サーバーは、署名されるメッセージの残りの部分を検証します
最後に、署名はすべて検証されます

・スマートコントラクト(Loyyalネットワーク内)
スワップリクエスト(各残高のすべての署名)は、Bitcoin / Counterparty HDキーで署名されています。
署名とアドレスは、Loyyaネットワークの特別なコントラクトに送信されます。スマートコントラクトではスワップリクエストを送信したアドレスにひもづくキーで署名されているか検証されます。
サーバーでは、すべての残高がその残高を保持する鍵で署名されていることを確認します。
サーバーは、預金口座に属するキーが要求全体に署名するために使用されたことを(スマート契約によって)検証しました。
サーバーとスマートコントラクトによる検証の結果は、スワップリクエストをしたユーザーに返却されます。

スワップテストフェーズでは、サーバーに複数回要求を送信できます。実際のスワップでは、複数の有効なリクエストを送信することはできません。

3 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.03.22 15:37 | | # [edit]
こーえん@個人投資家 says..."Re: タイトルなし"
はじめまして。

slackは招待なしで入れますよ。
bitcointalkにURLがあるのでそちらからどうぞ!
https://bitcointalk.org/index.php?topic=1594565.0

取引再開前に購入する方法は二つです。

1/slackで開発者に連絡をすれば、開発者からまだ買えるかもしれません。
2/信頼できる個人と相対取引で買う。(レートと購入額、コイン受け渡し方法などを個別調整して)

です。

相対取引には詐欺リスクがあるので、もしやる場合は相手選びにはくれぐれも気をつけてください。
何か気になることがあればお気軽にコメントどうぞ!
2017.03.22 18:41 | URL | #- [edit]
says...""
bitcointalkはこちらの方がアクティブなページでした!

https://bitcointalk.org/index.php?topic=1652345.0
2017.03.23 09:05 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ownscale.blog.fc2.com/tb.php/181-ae7c0fb9
該当の記事は見つかりませんでした。